サーフィンがポーカーに似ている7つのポイント

サーフィンとポーカーの比較をよく耳にしますが、なんだか不思議に聞こえますよね。そこで、詳しく探ってみることにしました。ポーカーもサーフィンも500年以上の歴史があることをご存知ですか?

では、この2つがどのように似ていて、どのように比較できるのか見ていきましょう。

どちらも予測不可能

ポーカーもサーフィンもまったく予測がつかないものです。カードも波も始めるのは簡単ですが、最後は悪い結果になることも考えられます。どちらの場合も、コースを変更したり、配られたカードでベットするためのアクションが必要です。

毎回が貴重な経験であり、新しい知識を得て、次の手に活かすべきです。 これらはすべて、全体像の一部であることを念頭に置いてください。

異国の地で行われる

カリフォルニア、フロリダ、カリブ海、アジア、南アフリカ、オーストラリアなど、ポーカーとサーフィンはさまざまな場所で行われています。ポーカープレイヤーやプロのサーファーは、多くのお金と時間をかけて、地元民が複数の言語を操るような、異なる環境の異国の地を訪れます。

ポーカーやサーフィンを行う場所の近くにある宿泊施設は高価ですが、予算がない場合は友人の家のソファに寝泊まりしてもいいでしょう。

スポーツ界のベテランはより尊敬される

ボイル・ブランソン(Boyle Brunson)、ザ・デューク( The Duke)、トム・カレン(Tom Curren)、ショーン・トムソン(Shaun Tomson)などの伝説的な人物は永遠の存在です。彼らはサーフィンに生き、最後まですべてを賭けることで、精神的にも若々しく活動的です。ダブルアップを追い求める彼らは、どこでそれを探して波待ちできるかを知っています。

彼らがこの世を去っても、その栄光と物語は友人や家族によって語り継がれることでしょう。

ゲームを支配するのは若いリスクテーカー

ポーカールームやサーフィンスポット訪れると、そこにいる若者たちに圧倒されるかもしれません。ですが、幸いなことにカジノには年齢制限があり、18歳以下の子どもは入場禁止になっています。サーフィンの場合、若いサーファーたちはスクラップを求めて競争し、無謀なプレーをし、最も深い場所で波待ちをします。一方で経験豊富なサーファーは大きなポットを待ちます。

どちらも一長一短

ポーカープレイヤーとサーファーの大半は、レクリエーションとして楽しむためにやっています。しかし、中にはトーナメントに参加していない時でも、非常に競争心が強い人たちがいます。トーナメントや大会では大金を獲得できますが、十分なお金を得られるのはトップクラスのプロだけです。また、ポーカーもサーフィンも男性のスポーツであることを述べておきましょう。

観戦するだけでも面白い

プロではないけれどゲーム自体は楽しんでいるなら、プロの戦いぶりを見るのもお勧めです。トーナメントに費やされるのはあなたのお金ではないし、ボードが壊されることもありません。

大きな報酬には大きなリスクが伴う

ポーカーもサーフィンも大きな犠牲を伴います。波に乗っている時は、ためらってはいけません。まさしく、のるかそるかの状況になり、100%集中していないと命を危険にさらすことになります。また、大きく賭けると、大きな波に飛び込むのと同じようなアドレナリンが放出されます。